佐藤 健作

KENSAKU SATO
PROFILE

新潟県魚沼市(旧湯之谷村)出身。174㎝、70㎏。湯之谷小学校→湯之谷中学校→小出高校→大原簿記公務員専門学校→専修大学夜間2部法学部卒。スポーツ歴は野球、スキー、登山、マラソン。現在はトライアスロン(アイアンマン)に挑戦中。

2007年、19歳で衆議院事務局に衛視として入局。子供の頃から憧れていた消防士の夢を捨てきれず、2009年、21歳で東京消防庁に入庁。9年間勤務し消防隊、はしご隊などを経験。憧れていた夢を叶えたものの、理想と現実とのギャップや、ただ日々同じ仕事をこなして過ごす中で「自分は何のために人生を生きているのか、このままでいいのか」と漠然と不安に感じ、夜間大学に通うなどしてみるが、答えの出ぬまま悶々と過ごす。

2017年3月、妻と二人で自分たちの人生の意味を作っていく決断をして東京消防庁を退職し、ウェディングプランナーの妻とブライダル事業で独立。個人としてもフルコミの営業代行として働く。

約1年半、充実した日々を過ごすが、自分たちの理想の仕事と事業として資金を成立させるギャップや、生活することもままならず、ただ日銭を稼ぐ焦燥した日々に「何のために仕事をし、誰を喜ばせたいのか」という問いを常に繰り返す。

2018年12月、代表渡邉の発信を読み強く共感するとともに、自分のVisionを明確化・言語化する力やビジネスを成立させる力がこれから絶対に必要になると強く感じ、ファイアープレイスにJoinを決める。社会課題を解決するビジネスを作るために、”0”から学び成長することが目標。

BIRTH
1988/6/17
BIRTH PLACE
新潟県魚沼市
LIVING PLACE
東京都墨田区
MY DREAM HOME
ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、ドイツ
CHARACTERISTICS
・素直
・嘘がつけない
・単純
・体を動かすことが好き
・凝り性、何故?が口癖
・たまに空気を読めない
・視野が狭くなりがち
・楽観的・適当
・実は我が強くて熱くなるタイプ
・子供っぽい
PROJECT
・ロックヒルズガーデン
16 PERSONALITIES
広報運動家