弊社が考える「場づくり」について

コミュニティ起点の「場づくり」

私たちが「場づくり」において大切にするもの、それは「コミュニティ」です。コミュニティとは「創る」ものではなく、育むもの。日常の繋がりの一つひとつを大切にすることで、いつしか自然に生まれるものだと考えています。良質なコミュニティは、私たちの生活を豊かにし、社会をより良くする。その構成要素を、分解したものが上の図です。

VISION

コミュニティの土壌であり、起点となるものがビジョンです。「この地域を盛り上げたい」「この場所を活用したい」「社会課題を解決したい」・・ビジョンは全ての源です。そして、共感を介してビジョンが繋がり合う「場」に、コミュニティは根を張るのです。

PLACE

誰しもがオフラインで繋がり合える時代だからこそ、物理的な「場所」は大切です。同じ空間で、同じ時間を共有できること。ビジョンが土壌だとすると、場所は幹であり、礎です。

COMMUNITY

ビジョンを土壌、場所を幹にして枝葉が生い茂り、コミュニティが産まれます。良質なコミュニティは私たちの生活を豊かにし、社会を「持続可能」にすると信じています。

コミュニティを育む3つの栄養素

コミュニティを活性化させる3つの栄養素が、CONTENTSOUTSIDERIGNITORです。コンテンツはコミュニティの起爆剤。無くても育ちますが、あれば成長が加速します。コミュニティは中に閉じると途端に淀み始めるため、新しい風を運んできてくれる「ヨソモノ」が入りやすいように、外に開かれていることが大切です。イグナイターとは、当事者の旗手であり、コミュニティの火付け役。これら3つが、コミュニティを豊かにするのです。

ファイアープレイスは、コミュニティ起点の「場づくり」を志向します。

PROJECT

弊社が考える「場づくり」について

私たちが志向する「コミュニティ起点の場づくり」について、ご説明させていただきます。

ロックヒルズガーデン

築30年強の商業ビルの7階(最上階)と屋上をフルリノベーションして創り上げた複合型のイベントスペースです。

ほしとたきのいえ

複数の有志と拡張家族を構成し、「田舎づくり」を楽しんでいます。いつでも帰ることのできる場所を手に入れてみませんか?

ビジョンとビジョンを繋ぐ場づくり

ビジョンある人と人が繋がるための場づくりを支援。企画設計から当日のオペレーションに至るまで、お客さまに伴走します。